PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レインボー2007年 相談件数と救護施設の課題

2007年に炊き出し(毎月第2土曜日)・おにぎりの日(毎月第4木曜)に生活相談に来られた方は下記のとおりです。
(一部記入漏れがあるかもしれません。お気づきの方はお知らせください)

2007.2  20代 男性 生活保護・住宅支援
2007.4  60代 女性 生活保護
2007.4  60代 男性 民間施設保護
2007.7  60代 男性・20代 女性 民間施設保護
2007.10 60代 男性 住宅支援
2007.10 70代 男性 民間施設保護
2007.10 不詳 男性 民間施設保護
2007.10 40代 男性 入院・生活保護
2007.10 不詳 男性 生活保護
2007.11 60代 男性 生活保護申請→民間施設保護
2007.11 70代 男性 生活保護申請→野宿
2007.11 60代 男性 生活相談
2007.12 不詳 男性 施設保護
2007.12 40代 男性 生活保護
2007.12 60代 女性 生活保護

ほかに総合相談会(12月7日)に相談を経て生活保護申請をされた方が数名おられますが、救護施設に空きがなく「待ち」のまま野宿が継続しています。

姫路市のホームレスへの生活保護適用に関しては原則として施設への一時入所により在宅生活の可否を判定した後に居宅保護とする方針をとっています。

一時入所施設は65歳以上は養護老人ホーム、65歳未満の方は救護施設となっていますが、設置されている養護老人ホーム(3施設)は独居高齢者、老人虐待などのケースをかかえており、常時入所可能な状態ではありません。また、救護施設についても県外所管の施設であるため、入所困難な状況が続いています。


| 活動記録 | 16時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rojouhimeji.blog18.fc2.com/tb.php/8-42672165

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。